リロケーションとは

       

リロケーションは転勤する人が所有している、部屋あるいは自宅を一定期間賃貸するシステムのことをいいます。借地借家法という法律が大幅に改正されて、それまでは借り主に厚かった借地借家法が持ち主にも配慮した法律となりこのようなリロケーションシステムが日本でも取られるようになったのです。

というのも一旦借りてしまったらよほどのことがないかぎり借り主はそこから出ていかなくてもいいということで手厚く守られていた住む権利が、持ち主である大家にもある一定の権利が与えられたということです。日本と欧米ではリロケーションの使い方が若干違うようです。ここでは日本のリロケーションシステムについて説明します。

日本では一度購入した自宅はよほどのことがない限り手放したくないという風潮がありました。そのため自宅を購入した後の転勤を伴う異動については家族がいたら、本人だけが単身赴任ということになったのです。またそれが嫌な場合は退職ということも少なくありませんでした。転勤時に家族と一緒に引っ越して転勤先では賃貸住宅に住むとして、元の自宅はこのシステムで他の人に貸すということができるようになったのです。

古い法律では一旦貸してしまったら退去してもらうことが難しかったのですが、冒頭に説明した、新しい借地借家法で借り主に対しても退去してもらいやすくなったということです。このシステムや手法を利用する人は全国でもうなぎのぼりとなっているようです。